base media rollingbaseから情報をお届けbase mediarollingbaseから情報をお届け

大撃沈。。。防府読売マラソン!!!

2016.12.22

12月18日(日)に開催された
「第47回防府読売マラソン大会」に出場してきました!

マラソンは、、、、甘くないですね。
42.195kmはごまかしの効かない距離です。

ここまでのポイント練習はスピードと距離を
バランス良くこなしてきたつもりですが、
昨年との違いはそれ以外の練習である
つなぎのジョグトレーニングの不足でした。
自己ベストを更新した一昨年の月間走行距離は360kmぐらいが
平均的な距離でしたが、今年は220km前後。

本当は効率の良い練習で2時間50分切りをして
なんと素晴らしい結果に〜?
なんてプラス思考に考えていましたが、、、
そんなにマラソンは甘くなかったです。

前日受付の時点では自信満々。。。(汗)

 

Start−5km 20分08秒 (キロ4分01秒)
スタートの混雑で最初の1kmが4分20秒で通過だったので、
その後キロ4分ペースの流れに乗りながら、5km20分になるよう調整しながら走る。

5km-10km   19分48秒 (キロ3分57秒)
この1ヶ月間にハーフマラソンや10kmの実践レースを走ってきたので
1km4分を切るペースでも楽に走れる。

10km-15km   20分09秒 (キロ4分01秒)
キロ4分を1〜2秒切ってくるペースで走っている集団がすぐ前方におり、
この1〜2秒が後半命取りになると感じたので
後方の集団に下がり気持ちペースを落とす。

15km-20km  20分07秒(キロ4分01秒)
18km地点で天然アミノ酸のベスパ・ハイパーを摂取し
25km以降の落ち込み防ごうと早めに補給対策し中盤以降に備える。

20km-25km  20分43秒(キロ4分08秒)
1時間24分45秒でハーフを通過。
心拍は全く問題がないが、徐々に脚に疲労感を感じ始めている。
このままイーブンペースで行くと2時間50分切りできるが
35km以降にこのペースを維持できるとは思えない状態。
目標を2時間53分の自己ベスト更新に下方修正しペースを落とす。

25km-30km  20分57秒 (キロ4分11秒)
ハーフ以降、2〜3人のランナーと並走していたが、
後方にいたグループに吸収され再び集団走に戻る。
このままこのペースでいけば良いだけだと言い聞かせる。

多摩湖で35km走も頑張ったし。。。
後半粘れるはずと言い聞かせる。
でも、、、結構走ったの前だよな〜って薄々感じていた。。。

30km-35km   22分43秒 (キロ4分32秒)
30km以降ついにサブスリーのペースであるキロ4分15秒も下回り
再度目標を下方修正し3時間以内でのゴールを目指そうと思うが、、、
もはや身体が動かない。

35km-40km   26分20秒 (キロ5分16秒)
久しぶりに完全ノックアウト状態で、
心の中では早くゴールしてこの辛い時間を
終わらせたいと願うばかり。

40km-Finish   13分57秒 (キロ6分21秒)
脚が痙攣したわけでも、歩いたわけでもないが
ラストの2kmは14分近くかかり廃人に。。。

41kmすぎ。ノックアウト中です。。。

ゴール後は内臓のダメージが大きく
直後の疲労感は近年のレースの中では最高峰。。。
仲間のランナーを心配させてしまうほどのぐったりぶりでした。

敗因は、ポイント練習はしっかりこなしていたが
月間走行距離の少なさからくる走り込み不足。

来年2月5日開催の「別府大分毎日マラソン」に向けて
しっかりと走り込んで再チャレンジします!

年末は30日まで営業しているので、
私を励ましに遊びにいらしてください〜。

予約はコチラから
http://airrsv.net/rollingbase/calendar

寺尾 隆宏(てらお・たかひろ)

寺尾 隆宏(てらお・たかひろ)

株式会社rollingbase 代表取締役、蓑原ローリング療法協会 講師

1979年大阪府生まれ。幼少期よりサッカー始め高校時代にローリング療法に出会う。2008年よりマラソンを始め2011年の自身の怪我をきっかけにローリング療法の学び始め2015年にrollingbaseを創業。2018年よりリオ五輪4×100mリレー銀メダリスト飯塚翔太選手(ミズノ)の専属トレーナーとなり定期ケアだけでなく合宿や日本選手権や世界陸上など全ての試合などに帯同している。個人の特性に応じた施術がトップアスリートからだけでなくアスリートマインドを持つエグゼクティブの方からも高い評価を得ている。2020年より北京オリンピック5000m/10000m代表の竹澤健介氏にコーチに就任してもらい市民ランナーとしてマラソン競技の記録更新に向け日々自身のトレーニングにも励んでいる。

【オムロンインタビュー】
現役ランナーのローリング施術師がつかんだ夢、これからかなえたい目標とは:前編後編

市民ランナー高速化プロジェクト

rollingbase

当店では、ローリング療法をベースにラジオ波温熱器やパワープレートなど複数のコンディショニング法を組み合わせ、お客様ひとりひとりに最適なコンディション・サポートプログラムを提供しています。

詳しくはこちらから

rollingbaseのご予約はこちらから

Collaboration連携サービス

2015年よりrollingbaseは『「カラダ」を「リノーベーション」する。』をコンセプトに掲げ、様々な人との出会いの中でトップアスリートの身体が喜ぶ「モノ」や「サービス」とコラボレーションを行い、独自の発想で研究していくことで日々進化してまいりました。ひとりひとりの個性やニーズにあったサービスを複合的に組み合わせることでスペシャル・ワンのサービスを提供してまいります。

  • 飯塚翔太
  • MIZUNO TRACK CLUB
  • Radio Stim - ラジオ波温熱器
  • 市民ランナー高速化プロジェクト
  • Neo Healer - ネオヒーラー
  • POWER PLATE - パワープレート
  • O2 - 酸素カプセル
  • H2 - 水素ガス吸引器
  • MYIDENSI - マイデンシ
  • GIチョコレート