Collaboration rollingbaseから情報をお届け Collaboration市民ランナー高速化プロジェクト – RSP

RSP市民ランナー高速化プロジェクト

北京五輪 男子10000m/5000m日本代表の竹澤健介コーチと九鬼靖太博士(専攻:コーチング学)が主催の学習型ランニングコミュニティ。

飯塚選手とのメキシコ高地合宿で九鬼先生と知り合ったことがきっかけで、マラソンを始めた当時に憧れであった竹澤健介さんに自身の専属コーチを懇願したところ、快く引き受けてくださり2020年2月より4年計画でマラソントレーニング指導を行って頂いています。

竹澤健介コーチ
竹澤健介コーチ

竹澤コーチとはトレーニング報告のやりとりは毎週行っており、その模様は「市民ランナー高速化プロジェクト」が運営するソーシャルメディア・ノートにて「今週の寺尾さん」コーナーとして掲載されています。baseブログにもアップしてますのでご覧ください。

note

2021年7月よりスタートしたプレミアム指導サポートサービスの運営管理業務を株式会社rolligbaseとして行っています。竹澤健介氏による毎日のトレーニングメニューの作成、オンラインコーチング、九鬼靖太博士(専攻:コーチング学)によるフィジカルトレーニングの実施、期間中に関西での3回の血中乳酸(LT)カーブテストと最大酸素摂取量(VO2 Max)の測定とオンライン運動生理学の講義、及び指導が含まれます。(交通費別途実費)

定員は5名のみで期間は7か月間で¥231,000(月額¥33,000)になります。第1期生は2021年7月からスタートしており2022年1月中旬スタート予定の第2期生を募集しております。(残り4名)2021年9月4日現在

プレミアム指導サービス LTカーブテスト風景

ランサル

市民ランナー高速化プロジェクト

市民ランナー高速化プロジェクト

竹澤健介
北京オリンピック代表(5000m/10,000m) 長距離走のプロフェッショナルが、自身の経験をもとに、現状打破とパフォーマンス向上のために、独自の鋭い目線から記事を配信。箱根駅伝3年連続区間賞の裏話も。現在は大阪経済大学 長距離ヘッドコーチで2021年出雲駅伝、全日本大学駅伝の出場を決め、指導者としての才能の発揮している。

九鬼靖太博士(コーチング学)
博士号を持った大学教員のコーチが、科学的情報を分かりやすく解説。市民ランナーはもちろん、スポーツ科学を勉強する人は、必見。現在は大阪経済大学、短距離ヘッドコーチ。

公式サイト

rollingbase

当店では、ローリング療法をベースにラジオ波温熱器やパワープレートなど複数のコンディショニング法を組み合わせ、お客様ひとりひとりに最適なコンディション・サポートプログラムを提供しています。

詳しくはこちらから

rollingbaseのご予約はこちらから

Collaboration連携サービス

2015年よりrollingbaseは『「カラダ」を「リノーベーション」する。』をコンセプトに掲げ、様々な人との出会いの中でトップアスリートの身体が喜ぶ「モノ」や「サービス」とコラボレーションを行い、独自の発想で研究していくことで日々進化してまいりました。ひとりひとりの個性やニーズにあったサービスを複合的に組み合わせることでスペシャル・ワンのサービスを提供してまいります。

  • 飯塚翔太
  • MIZUNO TRACK CLUB
  • Radio Stim - ラジオ波温熱器
  • 市民ランナー高速化プロジェクト
  • Neo Healer - ネオヒーラー
  • POWER PLATE - パワープレート
  • O2 - 酸素カプセル
  • H2 - 水素ガス吸引器
  • MYIDENSI - マイデンシ
  • GIチョコレート