base media rollingbaseから情報をお届けbase mediarollingbaseから情報をお届け

楽しかったOTT !!

2018.05.02

古賀はなももマラソンに撃沈後、
1000mのインターバルや
12000mのペース走を中心とした
スピード練習に切り替えて
徐々に好調時のキレを取り戻してきました。

トラックシーズンの初戦は
オトナのタイムトライアルこと
略して「OTT」に参戦!!

タイトルで「楽しかった」とか書いてる時点で
バレてると思いますが、、、、
目標の18分切りに全く届かずの18分24秒でした。。。

2週間前に朝7時の練習で走った
5000mのタイムが18分25秒で
余裕を持って走れていたので、
本番のレースではいけるかなと思ってたのですが
腕に乳酸が溜まって全く身体が動かずでした。

 

レース前は小金井おじ練軍団の皆様とパシリ。
この時はいけると思ってたのですが
ウォーミングアップが足りなかったのか
スタート時から脚が重かった。

 

 

脚が重いとはいえ前半は自重したつもりで
控えのペースで安全に走る。

 

 

気づけば、、、徐々に苦しくなってくる〜。
ラスト1000mでスパートできる
余裕あるペースだったはずが
限界が一気にやってきてもうた〜。
特に腕が全く動かない。

 

ラストスパートは完全に不発でした。。。。

まだまだトラックシーズンは始まったばかりだし
今シーズンは夏場もスピードトレーニングを継続して
タイムアップできるように頑張ります!

寺尾 隆宏(てらお・たかひろ)

寺尾 隆宏(てらお・たかひろ)

株式会社rollingbase 代表取締役、蓑原ローリング療法協会 講師

1979年大阪府生まれ。幼少期よりサッカー始め高校時代にローリング療法に出会う。2008年よりマラソンを始め2011年の自身の怪我をきっかけにローリング療法の学び始め2015年にrollingbaseを創業。2018年よりリオ五輪4×100mリレー銀メダリスト飯塚翔太選手(ミズノ)の専属トレーナーとなり定期ケアだけでなく合宿や日本選手権や世界陸上など全ての試合などに帯同している。個人の特性に応じた施術がトップアスリートからだけでなくアスリートマインドを持つエグゼクティブの方からも高い評価を得ている。2020年より北京オリンピック5000m/10000m代表の竹澤健介氏にコーチに就任してもらい市民ランナーとしてマラソン競技の記録更新に向け日々自身のトレーニングにも励んでいる。

市民ランナー高速化プロジェクト

rollingbase

当店では、ローリング療法をベースにラジオ波温熱器やパワープレートなど複数のコンディショニング法を組み合わせ、お客様ひとりひとりに最適なコンディション・サポートプログラムを提供しています。

詳しくはこちらから

rollingbaseのご予約はこちらから

Collaboration連携サービス

2015年よりrollingbaseは『「カラダ」を「リノーベーション」する。』をコンセプトに掲げ、様々な人との出会いの中でトップアスリートの身体が喜ぶ「モノ」や「サービス」とコラボレーションを行い、独自の発想で研究していくことで日々進化してまいりました。ひとりひとりの個性やニーズにあったサービスを複合的に組み合わせることでスペシャル・ワンのサービスを提供してまいります。

  • 飯塚翔太
  • MIZUNO TRACK CLUB
  • Radio Stim - ラジオ波温熱器
  • 市民ランナー高速化プロジェクト
  • Neo Healer - ネオヒーラー
  • POWER PLATE - パワープレート
  • O2 - 酸素カプセル
  • H2 - 水素ガス吸引器
  • MYIDENSI - マイデンシ
  • GIチョコレート