base media rollingbaseから情報をお届けbase mediarollingbaseから情報をお届け

メキシコ高地合宿通信 Vol 4 ウエイト編

2019.02.28

1ヶ月のメキシコ高地スプリント合宿に来ております。

こちらでは週に2回のウエイトトレーニングを行っており
私も選手に混じってお子ちゃまウエイトですが
同じメニュー風な内容で頑張っています。

私としてはスプリントに必要な筋力UPの為の
ウエイトの知識や技術を身につけて帰りたいです。

帰国後はrollingbaseの下に最近オープンした
24時間ジムの「エニータイムフィットネス」に入会し
継続的なトレーニングに励みパワーアップを検討中。

 

こちらでは室内に世界中の厳選された
マシンウエイトが完備されていますが、
青空フリーウエイトでより走る動作に近い動きでの
筋トレを行っています。

 

この開放的な空間でのウエイトは堪らなく気持ち良いです。
内容は超企業秘密!なのでほんのすこし私の頑張る姿を公開〜。

 

一番前の黄色いウエアが私です。
手前から順にウエイトが重いのですが、
一番手前はビクともしない重さでした(汗)
これを持ち上げるパワーで地面を捉えていると思うと
私とは全く出力が違うということを感じさせれらます。

 

みんなで回数の掛け声をかけながら
部活風に行い私も頑張りました。

筋トレは単なるポーズだけでなく
どこに効かせているか?というのが
重要だということを再度認識しました。

これは重りを引き揚げてキープするメニューですが、
背筋できるだけ使わずお尻とハムで行います。

選手のぷりっとしたお尻に憧れます。
ちょっとこの合宿でふっくらしたお尻になったかもです。

 

そしてなんとしても技術を身につけて帰りたいメニューが「クリーン」
地面からシャフトをデットリフトのような形で持ち上げていき
スクワットジャンプをするような感じで
一瞬の力で顔の高さまで持ち上げキャッチするメニューです。

短距離に必要な全身の爆発力とタイミングが重要になり
一年前から少し練習をしているのですが、
難しくそして上手く出来ているのかわからない。

クリーンも選手やコーチの皆さんに手取り足とり教えてもらい
滞在中は何度も練習した結果、ある程度形になってきました。

それでは、見てみましょう〜。
クリーンの連続写真!

 

まずはデットリフトの姿勢から。
顔が真剣。。。

 

スクワットジャンプ!
この時お尻とハムストリングだけの
パワーで上げなくてはいけないのですが、
手で少し持ち上げてしまってます・・・

 

これがもう少し顔の高さまで
上げたいところなのですが少し足りない!
ここから肩でキャッチできるかのか?

 

 

身体を一瞬で沈みこませ肩先でキャッチ!
顔が必死です。

 

 

最後はウエイトを持ち上げて終了。
いきなりドヤ顔(笑)

が、腕をまだ使っているので検定試験不合格。。。
今のままだと腕の力を頼っているので
本当に重い重量になると下半身の筋力を
使い切れないと上げれないようです。

日本でスキルを磨かないとですね。
速く走るための課題はいっぱいです〜。

 

メキシコ高地合宿つづく。

寺尾 隆宏(てらお・たかひろ)

寺尾 隆宏(てらお・たかひろ)

株式会社rollingbase 代表取締役、蓑原ローリング療法協会 講師

1979年大阪府生まれ。幼少期よりサッカー始め高校時代にローリング療法に出会う。2008年よりマラソンを始め2011年の自身の怪我をきっかけにローリング療法の学び始め2015年にrollingbaseを創業。2018年よりリオ五輪4×100mリレー銀メダリスト飯塚翔太選手(ミズノ)の専属トレーナーとなり定期ケアだけでなく合宿や日本選手権や世界陸上など全ての試合などに帯同している。個人の特性に応じた施術がトップアスリートからだけでなくアスリートマインドを持つエグゼクティブの方からも高い評価を得ている。2020年より北京オリンピック5000m/10000m代表の竹澤健介氏にコーチに就任してもらい市民ランナーとしてマラソン競技の記録更新に向け日々自身のトレーニングにも励んでいる。

【オムロンインタビュー】
現役ランナーのローリング施術師がつかんだ夢、これからかなえたい目標とは:前編後編

市民ランナー高速化プロジェクト

rollingbase

当店では、ローリング療法をベースにラジオ波温熱器やパワープレートなど複数のコンディショニング法を組み合わせ、お客様ひとりひとりに最適なコンディション・サポートプログラムを提供しています。

詳しくはこちらから

rollingbaseのご予約はこちらから

Collaboration連携サービス

2015年よりrollingbaseは『「カラダ」を「リノーベーション」する。』をコンセプトに掲げ、様々な人との出会いの中でトップアスリートの身体が喜ぶ「モノ」や「サービス」とコラボレーションを行い、独自の発想で研究していくことで日々進化してまいりました。ひとりひとりの個性やニーズにあったサービスを複合的に組み合わせることでスペシャル・ワンのサービスを提供してまいります。

  • 飯塚翔太
  • MIZUNO TRACK CLUB
  • Radio Stim - ラジオ波温熱器
  • 市民ランナー高速化プロジェクト
  • Neo Healer - ネオヒーラー
  • POWER PLATE - パワープレート
  • O2 - 酸素カプセル
  • H2 - 水素ガス吸引器
  • MYIDENSI - マイデンシ
  • GIチョコレート