base media rollingbaseから情報をお届けbase mediarollingbaseから情報をお届け

メキシコ高地合宿通信 vol 5 200TT編

2019.03.01

メキシコ合宿でのスプリントトレーニング効果を
試してみようとメキシコで初めての200m
タイムトライアル(通称TT)に挑戦してみました!

計測方法はなんとプロアスリート仕様で
光電管という測定器で手押しタイムとは違い
全くの誤差なしで完璧な計測をしてもらいました。

 

このような機器をスタートと100m地点、
ゴールの3箇所におきます。
これでゴールだけでなく正確な区間ラップも図れます!

一人でもショートスプリントの正確なタイムが図れるので
つい物欲が。。。。ほしい。。。。
朝練軍団のみんなで50mとか100mの計測とかできるし。。。
と考え始めています(汗)

これまでの日本での200mの全力走は30秒ジャストだったので
今回のタイムトライアルの目標は29秒台。
将来的に28秒切れるところまでスプリント力を高めたいです。
ただ100mが超遅い14秒後半ぐらいでしか走れない私が
28秒って無理じゃないかって思いますが目指してみます!

 

コーチと飯塚さんからのアドバイス通り
最初の50mでピッチを上げて突っ込んだ走りをして
80mまで付近までしっかり走り、
コーナーを抜けたあたりからストライドを広げ
しっかり反発をもらいに行く走りで挑みます。

イメージは飯塚さんになりきって、
このために購入したシューズは短距離スパイク
飯塚翔太モデルのミズノ、クロノオニキス2!
走力は度外視で履いています。。。

 

それでは、行ってみましょう〜。
魂の走り200mタイムトライアル in メキシコ!

勢いよくスタート♪
なんて風に写真では少し前傾しつつ
短距離ちっくな感じを醸しだしていますが
選手と比べると、、、、
足の回転おそっ!って動画で見ると思います。

このブログは写真でなんとか誤魔化そうと思います。

飯塚さん達スプリンターのみなさんに暖かく
見守られつつスタートし、写真はトップスピードに
到達する7秒ぐらいの地点です。

100mの通過タイムが14秒10!

コーナーを抜けるあたりに遠心力を利用して
スピードアップするのがトップ選手の走りですが
私の走力では遠心力からの加速はナッシング!!!

でもイメージはここからピッチを落とし気味に
失速を防ぐ走りでラスト80m!

フルマラソンからすれば残り80mなど短いのですが
競技が変わると長い!!!
酸欠で腕がピリピリ、頭も真っ白になりつつ
脚が乳酸で動かなくなり始めますが
棒のような足ですが、必死に反発をもらい走ります。

 

1本目のタイムトライアルの結果が、、、
なんと27秒62!!
写真2段目のタイムがフィニッシュタイムです。

あと半年ぐらいはかかるかと思っていましたが、
ここ数日のスプリントドリルレッスンで
走り方もかなり変わってきているので
目標タイム突破しました。

30分休憩後の2本目は28秒19。
1本目の疲労が残っていましたが、
28秒前半でまずまずのタイムを出せました。

 

最後は合宿中盤から合流した豊田コーチと
まさかまさかの目標タイムを更新した記念写真。

豊田さんは飯塚さんの中央大学時代からのコーチで
日本スプリント学会の理事でもあります。

そして国際陸上競技連盟CECS Level5という肩書きで
日本の育成指導者を始動する立場の方なのです!

 

そんな凄すぎる豊田コーチから本練前に6日間程、
手取り足取りスプリントドリルを
マンツーマンレッスンして頂きました。

自分の走りの弱点であった接地時間の長さや
脚の引きつけ動作、前方への重心移動などを
改善してもらい、フォームが変わるだけでなく
スピード感が一気に変わってきました。

まだまだ出来ない動きもたくさんあるので
日本に帰国しても毎日の練習の中で
脚が速くなるドリル練習を継続していきます!

次の目標は400mの60秒切りですが、
200mの26秒台を出すことも目標にしていこうと思います。

 

メキシコ高地合宿つづく

寺尾 隆宏(てらお・たかひろ)

寺尾 隆宏(てらお・たかひろ)

株式会社rollingbase 代表取締役、蓑原ローリング療法協会 講師

1979年大阪府生まれ。幼少期よりサッカー始め高校時代にローリング療法に出会う。2008年よりマラソンを始め2011年の自身の怪我をきっかけにローリング療法の学び始め2015年にrollingbaseを創業。2018年よりリオ五輪4×100mリレー銀メダリスト飯塚翔太選手(ミズノ)の専属トレーナーとなり定期ケアだけでなく合宿や日本選手権や世界陸上など全ての試合などに帯同している。個人の特性に応じた施術がトップアスリートからだけでなくアスリートマインドを持つエグゼクティブの方からも高い評価を得ている。2020年より北京オリンピック5000m/10000m代表の竹澤健介氏にコーチに就任してもらい市民ランナーとしてマラソン競技の記録更新に向け日々自身のトレーニングにも励んでいる。

市民ランナー高速化プロジェクト

rollingbase

当店では、ローリング療法をベースにラジオ波温熱器やパワープレートなど複数のコンディショニング法を組み合わせ、お客様ひとりひとりに最適なコンディション・サポートプログラムを提供しています。

詳しくはこちらから

rollingbaseのご予約はこちらから

Collaboration連携サービス

2015年よりrollingbaseは『「カラダ」を「リノーベーション」する。』をコンセプトに掲げ、様々な人との出会いの中でトップアスリートの身体が喜ぶ「モノ」や「サービス」とコラボレーションを行い、独自の発想で研究していくことで日々進化してまいりました。ひとりひとりの個性やニーズにあったサービスを複合的に組み合わせることでスペシャル・ワンのサービスを提供してまいります。

  • 飯塚翔太
  • MIZUNO TRACK CLUB
  • Radio Stim - ラジオ波温熱器
  • 市民ランナー高速化プロジェクト
  • Neo Healer - ネオヒーラー
  • POWER PLATE - パワープレート
  • O2 - 酸素カプセル
  • H2 - 水素ガス吸引器
  • MYIDENSI - マイデンシ
  • GIチョコレート