base media rollingbaseから情報をお届けbase mediarollingbaseから情報をお届け

白門駅伝に助っ人参加!!!

2019.11.06

11月3日に中央大学主催の白門駅伝に
豊田コーチのお誘いを受けて助っ人として
参加してきました!!!

飯塚選手の母校であり、専任の豊田コーチは
現在も中央大学に所属しており、
この大会の運営をサポートしており
今年で4回目となるイベントです。

白門駅伝は2時間の間に襷を繋ぎ何キロ走れるかという大会で
ほぼ中大OBや現役生で80チームぐらいが参加しており
想像以上に大規模で楽しさ満載の大会でした。

私が参加した助っ人チームのメンバーは7人でトータル4回
全力で襷を繋ぎました!

 

 

大会前に看板も前で豊田コーチと記念撮影。
写真時は右手で「C」マークが中大のお約束!

コースはなかなかハードで1.1kmの中に最初と最後は
高速ブルータータンを全力で走れるのですが、
体育施設の周りには上下階段あり、直角コーナーあり
その後、駅伝チーム用のクロカンコースのアップダウンありと
全力で走りには難所が数多くあり、キロ3:30前後での走るには
かなり注意も必要で走りごたえ十分。

コースはこんな感じです。

 

クロカンコース区間ではチームメンバーからの声援を受け
気合を入れて走ります。

この大会には中大長距離同好会も参加しており、
実はかなりのハイレベル。

現役800mランナー選手の助っ人イベントもあり
2時間の間に盛り上がりもたくさんありました。

 

 

参加したチームは20位と昨年より好成績だったようなので
助っ人ランナーとしての役割は少し果たせました。

 

しっかりとした駅伝に初めて参加したのですが、
みんなで応援しあいながら走るのも楽しいですね。
当日あったメンバーばかりでしたが一体感ができました。

 

 

今シーズンは夏場から距離を踏み始め、
12月1日の大阪マラソンでサブスリー奪還、
1月26日の大阪ハーフマラソンで自己ベスト更新を狙います!

 

 

寺尾 隆宏(てらお・たかひろ)

寺尾 隆宏(てらお・たかひろ)

株式会社rollingbase 代表取締役、蓑原ローリング療法協会 講師

1979年大阪府生まれ。幼少期よりサッカー始め高校時代にローリング療法に出会う。2008年よりマラソンを始め2011年の自身の怪我をきっかけにローリング療法の学び始め2015年にrollingbaseを創業。2018年よりリオ五輪4×100mリレー銀メダリスト飯塚翔太選手(ミズノ)の専属トレーナーとなり定期ケアだけでなく合宿や日本選手権や世界陸上など全ての試合などに帯同している。個人の特性に応じた施術がトップアスリートからだけでなくアスリートマインドを持つエグゼクティブの方からも高い評価を得ている。2020年より北京オリンピック5000m/10000m代表の竹澤健介氏にコーチに就任してもらい市民ランナーとしてマラソン競技の記録更新に向け日々自身のトレーニングにも励んでいる。

【オムロンインタビュー】
現役ランナーのローリング施術師がつかんだ夢、これからかなえたい目標とは:前編後編

市民ランナー高速化プロジェクト

rollingbase

当店では、ローリング療法をベースにラジオ波温熱器やパワープレートなど複数のコンディショニング法を組み合わせ、お客様ひとりひとりに最適なコンディション・サポートプログラムを提供しています。

詳しくはこちらから

rollingbaseのご予約はこちらから

Collaboration連携サービス

2015年よりrollingbaseは『「カラダ」を「リノーベーション」する。』をコンセプトに掲げ、様々な人との出会いの中でトップアスリートの身体が喜ぶ「モノ」や「サービス」とコラボレーションを行い、独自の発想で研究していくことで日々進化してまいりました。ひとりひとりの個性やニーズにあったサービスを複合的に組み合わせることでスペシャル・ワンのサービスを提供してまいります。

  • 飯塚翔太
  • MIZUNO TRACK CLUB
  • Radio Stim - ラジオ波温熱器
  • 市民ランナー高速化プロジェクト
  • Neo Healer - ネオヒーラー
  • POWER PLATE - パワープレート
  • O2 - 酸素カプセル
  • H2 - 水素ガス吸引器
  • MYIDENSI - マイデンシ
  • GIチョコレート