base media rollingbaseから情報をお届けbase mediarollingbaseから情報をお届け

2年ぶりのフル、大阪マラソン走ってきました!!!

2019.12.05

2年ぶりのフルマラソン、
第9回大阪マラソンに出場してきました。

サブスリー奪還を目指してこれまでのスピード中心の
スプリント・トレーニングを一旦封印し
8月から走る距離を伸ばして大阪マラソンに挑みました。

昼の飛行機で大阪に着いて、ローリングで前日ケアをしてもらい
エキスポ会場に着いた時には終了の1時間前でした。
昼間は入場制限などあったようですが、
夕方にはスイスイエントリーを済ませることができました。

入り口には特大のミズノブースがあり商品を物色。
大阪マラソン虹色ロゴの前でパシャリ。

 

レースはキロ4分12ぐらいを目処に
速くなりすぎないよう注意しながら
5キロ21分をベースにリラックスして
走ろうと考えていました。
最初の2キロが詰まりましたが、
その後良いペースにはまってきました。

5kmは21分29秒で通過。
そこからは気持ちよく走りたいところでしたが、久しぶりの待ち時間が長いレースでどうしてもトイレに行きたくなる。あと2時間耐えるのは厳しいと感じながら悩みながら走る。

丁度良いサブスリー集団で形成されており、
このままの流れで行きたいなーと思いながら
10kmを20分45で通過。

10kmでぴったりサブスリーペースに戻すことに成功。
ここで次にトイレがあったら行こうと決心したところ
看板があったので右折したら50m先ぐらい先に公園の仮設トイレがあり、
そんな遠いのかーーとショックを受ける。
ここで1分以上ロスして必要以上にペースを上げすぎす前を追いかける。

15kmの通過が21分50秒。

ペースは4分12秒ぐらいを維持して20kmは21秒03で良い流れに。
ハーフの通過が3時間8秒とネガティヴラップが必須の条件に追い込まれる。

勝負は35kmからだ!と言い聞かせていたが
25kmのラップが微妙に21分24秒に落ちてきた。

28kmの苦手の登り坂を何とか乗り切り
下りでリズムを戻しても30kmのラップは21分56秒。
サブスリーは厳しいがここからはとりあえず
4分30秒のペースを維持して走るがそれも35kmまでで、
ラストの5kmは大阪の街をゆっくりとキロ6ダウンジョグに。
まあ、あと7kmの長いこと長いこと。。。。

フルマラソンは長いすぎるなーーーと呟きながら
グダグダになりながらゴールしました。
ゴールタイムはなんと3時間19分11秒!!!
悲惨すぎる〜〜(笑)

気をとりなおして着替えを終えて大阪城を
バックに記念撮影はしておきました。
敗戦すぎて心ここにあらず。

 

こういう時は仲間とやけ酒だ!!!
と飲みまくる。

その後、大阪天満宮でお参り。

 

この後はアルコールで心を癒そうと
史上初の5次会まで突き進みました(笑)
失敗したことをお酒で洗い流すという典型的な悪いパターンですね。。。

こんなタイムではありましたが、
今回は年に1回の勝負レースということで
前日はホテルで高級カレーを食べる!という、
目標は果たすことはできました。

カレーのルーとご飯は別々に出てくる
これぞイメージ通りの感じできました。

明日、マラソン走るんでご飯結構大盛りで!
とお願いしましたが、さすがに上品な量でした。
この量だから失速したのか???

カレーのルーをかけるとこんな感じに。
もうちょっと上品にかければ良かったかも。
ビーフカレーを頼みましたが、
このお肉をカレーに入れてしまうのかという
上品でジューシーなお肉が入っていました。

これにて早いですが今シーズンは終了し、
12月はスピード持久力を強化、
年末は走り込みして1月末の大阪ハーフで
自己ベストに近いハーフの走りができるように頑張ります!!!

寺尾 隆宏(てらお・たかひろ)

寺尾 隆宏(てらお・たかひろ)

株式会社rollingbase 代表取締役、蓑原ローリング療法協会 講師

1979年大阪府生まれ。幼少期よりサッカー始め高校時代にローリング療法に出会う。2008年よりマラソンを始め2011年の自身の怪我をきっかけにローリング療法の学び始め2015年にrollingbaseを創業。2018年よりリオ五輪4×100mリレー銀メダリスト飯塚翔太選手(ミズノ)の専属トレーナーとなり定期ケアだけでなく合宿や日本選手権や世界陸上など全ての試合などに帯同している。個人の特性に応じた施術がトップアスリートからだけでなくアスリートマインドを持つエグゼクティブの方からも高い評価を得ている。2020年より北京オリンピック5000m/10000m代表の竹澤健介氏にコーチに就任してもらい市民ランナーとしてマラソン競技の記録更新に向け日々自身のトレーニングにも励んでいる。

市民ランナー高速化プロジェクト

rollingbase

当店では、ローリング療法をベースにラジオ波温熱器やパワープレートなど複数のコンディショニング法を組み合わせ、お客様ひとりひとりに最適なコンディション・サポートプログラムを提供しています。

詳しくはこちらから

rollingbaseのご予約はこちらから

Collaboration連携サービス

2015年よりrollingbaseは『「カラダ」を「リノーベーション」する。』をコンセプトに掲げ、様々な人との出会いの中でトップアスリートの身体が喜ぶ「モノ」や「サービス」とコラボレーションを行い、独自の発想で研究していくことで日々進化してまいりました。ひとりひとりの個性やニーズにあったサービスを複合的に組み合わせることでスペシャル・ワンのサービスを提供してまいります。

  • 飯塚翔太
  • MIZUNO TRACK CLUB
  • Radio Stim - ラジオ波温熱器
  • 市民ランナー高速化プロジェクト
  • Neo Healer - ネオヒーラー
  • POWER PLATE - パワープレート
  • O2 - 酸素カプセル
  • H2 - 水素ガス吸引器
  • MYIDENSI - マイデンシ
  • GIチョコレート