base media rollingbaseから情報をお届けbase mediarollingbaseから情報をお届け

市民ランナー高速化PJT! 16W 5/25-5/31

2020.06.08

あの竹澤健介さんに個別コーチになってもらってから
すくすくランナーとして成長しております(笑)

 

今週から我がホーム練習場の済美山トラックが利用可能になったことと
お店の下のエニータイムフィットネスも営業再開して、
本格的なウエイトトレーニングも再開しました。

 

 

 

さて、ここからは

寺尾さん2週前のトレーニングはこちら

竹澤さんトレーニング16週目 5/25-5/31
5月25日 月 レスト 

5月26日 火 200m×10 r200w  (34-36 )+r5′ +2000m
200m:   35-34-35-34-35-34-34-34-35-34  r av2’30
2000m:  3’45-3’49

5月27日 水 補強+60minジョグ キロ4’47  12.4km    

5月28日 木 400m×10 r2′-2’30” (設定80-82)
81-79-78-81-81-80-80-80-78-75   r2’15

5月29日 金 補強+62minジョグ キロ5’05  12.3km    

5月30日 土 30minジョグ  キロ5’05  5.3km    
午後 ウエイト

5月31日 日 駒沢12周 25.1km 1:55’07   キロ4’35

 

寺尾さんの感想

先週まで3週間長めのポイント練習を継続していましたが、
今週は1週間限定の短めメニュー!

メニューは200m×10(34-36) wb+2000mと400m×10 r2’-2’30 (80-82)です。
久しぶりの400mのインターバルなので楽しみです。
ポイント練習が上手くできなさそうな時は
ポイント練習を飛ばしても良いとのアドバイスでしたので、
とりあえずウエイトは控えてポイント練習に集中しました。

200mのインターバルは35”狙いで安定したペース。
動きにかなり余裕がありピッチは上げずに
お尻で設置するのを意識して走りました。
ストライドが伸びてきているのが実感できます。
終了後の2000mはLTペースのキロ4’で行こうと思ってましたが、
ゆっくり入ったつもりが体が動きすぎてしまい3’45で1000mを通過し、
後半はそのままのリズムで上げずに3’49となりました。
頑張る感じなくこのペースで走れたのが驚きです。

つづいて木曜日の400mインターバルですが、
確実に足が速くなっています!
一本目は抑えていって予定どおり81”でしたが、
その後の2本は体が動いてしまい79と78。
その後しっかり抑えて設定ペースを守りラスト2本上げて終了しました。

筋力の改善でスピードが上がっているのと心肺機能がレベルアップしています。
自己ベスト狙えるまでの練習タイムに戻ってきていますが、
タイムは同じでもガムシャラ感がないので今の方が伸びしろがあると思います。

 

竹澤からの返信

寺尾さん
練習報告ありがとうございます。
体がだいぶ慣れてきて動いているみたいでよかったです。
タイムを見てもポイントはしっかり追い込めていると思うので、
今が走力を高める上でいい時期なような気がしますね。

今週はインターバルをちょっと多めに入れさせて下さい。
1200m×5 (3’40-45”)r=4’と1600m×3 (3’45-48” )r=4’としたいと思います。
このメニューも1週間だけにしましょう。

この次の週に出来れば4000m×2 (3’55”-4’00)r=1’と
1200m×5 (3’40-45”)r=4’にしたいと思います。
いい感覚を掴んだ上でインターバルを適度に入れていくことで
体にいい動きを定着させるイメージです。
今週インターバルを2回入れてみてまた感覚を教えて下さい。

来週のメニューは一応これでいこうと思っていますが、
今週の寺尾さんの感想を見てもしかすると変更するかもしれません。
寺尾さんのこれまでの走りの変化は素晴らしいです。
指導しているこちらが驚いていますw

成長している時ほど自然と追い込めてしまうので、
怪我のリスクも高まるような気がします。
何か異変があったらすぐにメニューを変更したり休んだりして下さいね。
くれぐれも無理せず継続で。

一回いい練習するより結局は継続が1番力が付くんですよね。
引き続き頑張っていきましょう。

 

市民ランナー高速化プロジェクトは週2本のブログ記事以外に
スポーツの研究分野の大学教授の先生の方のZOOM講義も参加でき、
とんでもないプロジェクトに発展して行っています。
より深い内容を知りたい方は是非ご参加くださいませ〜。

https://note.com/marathon_kousoku

 

寺尾 隆宏(てらお・たかひろ)

寺尾 隆宏(てらお・たかひろ)

株式会社rollingbase 代表取締役、蓑原ローリング療法協会 講師

1979年大阪府生まれ。幼少期よりサッカー始め高校時代にローリング療法に出会う。2008年よりマラソンを始め2011年の自身の怪我をきっかけにローリング療法の学び始め2015年にrollingbaseを創業。2018年よりリオ五輪4×100mリレー銀メダリスト飯塚翔太選手(ミズノ)の専属トレーナーとなり定期ケアだけでなく合宿や日本選手権や世界陸上など全ての試合などに帯同している。個人の特性に応じた施術がトップアスリートからだけでなくアスリートマインドを持つエグゼクティブの方からも高い評価を得ている。2020年より北京オリンピック5000m/10000m代表の竹澤健介氏にコーチに就任してもらい市民ランナーとしてマラソン競技の記録更新に向け日々自身のトレーニングにも励んでいる。

【オムロンインタビュー】
現役ランナーのローリング施術師がつかんだ夢、これからかなえたい目標とは:前編後編

市民ランナー高速化プロジェクト

rollingbase

当店では、ローリング療法をベースにラジオ波温熱器やパワープレートなど複数のコンディショニング法を組み合わせ、お客様ひとりひとりに最適なコンディション・サポートプログラムを提供しています。

詳しくはこちらから

rollingbaseのご予約はこちらから

Collaboration連携サービス

2015年よりrollingbaseは『「カラダ」を「リノーベーション」する。』をコンセプトに掲げ、様々な人との出会いの中でトップアスリートの身体が喜ぶ「モノ」や「サービス」とコラボレーションを行い、独自の発想で研究していくことで日々進化してまいりました。ひとりひとりの個性やニーズにあったサービスを複合的に組み合わせることでスペシャル・ワンのサービスを提供してまいります。

  • 飯塚翔太
  • MIZUNO TRACK CLUB
  • Radio Stim - ラジオ波温熱器
  • 市民ランナー高速化プロジェクト
  • Neo Healer - ネオヒーラー
  • POWER PLATE - パワープレート
  • O2 - 酸素カプセル
  • H2 - 水素ガス吸引器
  • MYIDENSI - マイデンシ
  • GIチョコレート