base media rollingbaseから情報をお届けbase mediarollingbaseから情報をお届け

MKディスタンス3000m出場!!!

2020.07.20

MKディスタンス走ってきました!!!
結果は2400mぐらいで「チン」ってなりました。。。

友人がエントリーリストで発見をして応援に来てくれて
写真を撮ってくれました!!!

前半のキロ3’30の集団走は良い感じの位置で腰も高く
足の返す位置もしっかり決まっていて良い感じ。

 

 

上の写真のようなフォームでずっといければよかったのですが
2400mで一気に疲労が吹き出す感じになり集団から離れると
フォームがバラバラになり、もがき苦しみました。

レースの後は30分間程、放心状態になるぐらい酸欠で追い込まれました。
あ〜疲れた。。。

 

ということで、そんなレースの状況が詳しく書いてある
市民ランナー高速化プロジェクトいってみましょう〜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

さて、ここからは寺尾さん

寺尾さんの今週のトレーニングはこちら

竹澤さんトレーニング22週目 

7月6日 月 レスト

7月7日 火 40minジョグ 8.4km キロ4’38

7月8日 水 2000m+1000m 7’10”-r10-15′  3’30

2000 :   3’32-3’35(155-177bpm)  + r 15′  
1000 : 3’20 (190bpm)

7月9日 木 26min速ジョグ 6.0km   キロ4’20

7月10日 金 レスト

7月11日 土 26min速ジョグ 5.8km   キロ4’24

7月12日 日 MKディスタンス 3000m
3’28-3’30-3’47   TTL 10’44″83    (189-197-197bpm)
42-82-83-84-83-84-88-94

寺尾さんの感想

今週は竹澤コーチに指導を受けるようになってから初めてのレースです。
水曜日に刺激入れを行い、その後のジョグは25min-30min以内で4’20とペースを速めて、
質は落とさず量を減らすというメニューに変わりました。
刺激入れは当日かなりの強風が吹いていたのですが、
最初の2000mを設定通りで走り、
1000mは風も強かったので最初しっかり突っ込んで走り3’20で行けました。
今回のレース展開的にもしかしたらこの3’20を
しっかり3’30の落としたペースにすべきだったのかも知れません。

木と土は25minという衝撃の短い練習時間ですが、
ペースはいきなり4’20前後なので気合いを入れつつ、
でも一瞬で終わる感じです。
疲労は残らずこういう練習もありなのかと良い経験ができました。
あとお尻に刺激に入れるドリルも水曜日から取り入れて
走りの感覚が良い感じに戻りました。

そしていよいよMKディスタンス3000m!
エントリー時の当初目標が10’30秒で3’30秒のペーサーについて集団で走りました。
接地も真下でついてお尻でしっかり押せる感覚もあり
1000m通過が3’28でピッチ188でストライド1.57m出ていたので
ある程度ゆったりとしたピッチで良いリズムで走れていました。

2000mの通過でキロ3’30で後から確認すると記録証の400m毎のラップも
ペーサーのお陰で83秒前後に綺麗に走れていましたが、
2400mを超えたあたりから、かなり酸欠感が出てきて
重心が後ろにいって着地が地面より前に接地してしまうようになり
バラバラの走りで、もがき苦しみ大失速。。。
(涙)心拍数も197とレース後も倒れこんでしまうほどのヤバさでした。

市民ランナー高速化プロジェクトの記事もありますし、、、
諦めることなく必死で走ったのですが、ラストの400mは94秒と悲惨な結果に。
本当はラスト上げて79秒ぐらいでなんてイメージしてたのですが、
現実は違いました(汗)先週のTTで10’59秒かかって1600mで失速してますし、
来週もう一回走ったらそのままイーブン近辺で行けたりするんではないか?
などポジティブにいきたいと思います。

またミズノトラッククラブからプレゼントしていただいた
ウエーブデュネルネオ ホワイトでの初レース!
ここで良い走りをして宣伝だー!なんて思ってましたが、、、
「走るのは寺尾だ!」って広告の表現が飛び込んできました(滝汗)

ウエーブデュエルネオは反発力とグリップ力が凄く良くて
反発力あるプレートだと自分の脚力だと
結構負けてしまうことが多くてバネが使いきれないのですが、
反発があるのにプレートが適度に柔らくて、クッション性もありますね。
あと足首まで覆うニット素材が絶妙で足首の柔らかい僕には
しっかりと足首をホールドしてくれているので固められている感じが良いです。

これまではミズノのオーダーシューズのスピードレーサー安定型が
自分に一番合っていてとても気に入っていたのですが、
今試合があればフルマラソンでもハーフでもこのシューズでレースを走りますね。
以前、ミズノを履いていた人であれば一度試してみる価値はあると思います!

 

ここからは寺尾さんへのメッセージ

寺尾さん
今週もお疲れ様でした。
MKディスタンスも短い距離3000mの初レースとしては
タイムとしては上出来ではないでしょうか。
欲を言えばラストをもう少しラスト1000mをタイム的に抑えられると良かったですが、
これだけ突っ込んでいったら仕方ないかなと思います。
(自分のペースで3’35”で1人で入っていったらレースの醍醐味ないですしね笑)
3’30”を切って走るようなトレーニングは出来ていないので、10’45”は妥当ですね。

動き自体も整ってきているように感じます。先週のT.Tでは10’59”で、
今回10’45”ですから、T.Tより15秒ほど早く走れましたね。
調整したのと人と走る事ができたのも良かったのだと思います。
この走りの問題点を一つ挙げるとすると、ラストがガクッとタイムが落ちすぎているので、
血液状態などに少し問題があったりするのかもしれません。
もしお仕事の合間にお時間がありましたら血液検査に行ってみて、
体の内部の状況を確認してみてもいいかもしれませんね。

次のレースは8月のMKディスタンスの1500mですね。
今シーズンは市民ランナーの長いレースは軒並み中止ですし、
今夏はスピード強化と割り切ってしまっていいように思います。
最近は湿度が高い日も続いていますし、知らず知らずに疲れも溜まっているかもしれませんし、
1週間はジョグのみにして来週からまたポイントを入れて頑張っていきましょう。

また走る前のエクササイズを新しくいくつか処方させて頂きます。
寺尾さんの走りの弱点を解消するようなエクササイズを選んだつもりですが、
もし感覚的に合わない、だとか何か体に不具合が出た場合は切り捨てて元に戻して下さい。
肌感ですが、3000mにしても今年の冬より20-30秒ほどは記録を短縮できているように感じます。
この夏を超えて、大きく記録を向上できるように引き続き頑張っていきましょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

市民ランナー高速化プロジェクトのご紹介

✅市民ランナー✅指導者・トレーナー✅スポーツ科学を勉強する人、へ役立つ専門情報を届けます?
知識をアップデートしたい方、僕たちと「オモロイ」を共有したい方、ここに集まれ?‍♂‍?‍♀‍

【講師】
?‍♂‍竹澤健介?‍♂‍北京オリンピック代表(10,000m) 長距離走のプロフェッショナルが、
自身の経験をもとに、現状打破とパフォーマンス向上のために、独自の鋭い目線から記事を配信。
箱根駅伝3年連続区間賞の裏話も?

?‍♂‍九鬼靖太?‍♂‍博士(コーチング学) 博士号を持った大学教員のコーチが、
科学的情報を分かりやすく解説。市民ランナーはもちろん、スポーツ科学を勉強する人は、必見?

?‍♂‍外村 翼?‍♂‍尼崎タイムトライアル運営代表 GRlabランニングチームや尼崎タイムトライアルの運営責任者。市民ランナー目線から面白くバラエティーに富んだ記事を連載します?

✅毎週、月・金の朝に記事を配信します。
それぞれの講師が記事を書くので、一週間で様々な情報をお得にゲット。
✅不定期に、note特別のYoutube動画も投稿します。
✅竹澤と九鬼が開催するランニング教室への、優先案内を記事を通して告知します。
記事あり、動画あり、イベントありの三拍子。 ぜひ、ご購読ください?‍♂‍?‍♀‍

https://note.com/marathon_kousoku

 
寺尾 隆宏(てらお・たかひろ)

寺尾 隆宏(てらお・たかひろ)

株式会社rollingbase 代表取締役、蓑原ローリング療法協会 講師

1979年大阪府生まれ。幼少期よりサッカー始め高校時代にローリング療法に出会う。2008年よりマラソンを始め2011年の自身の怪我をきっかけにローリング療法の学び始め2015年にrollingbaseを創業。2018年よりリオ五輪4×100mリレー銀メダリスト飯塚翔太選手(ミズノ)の専属トレーナーとなり定期ケアだけでなく合宿や日本選手権や世界陸上など全ての試合などに帯同している。個人の特性に応じた施術がトップアスリートからだけでなくアスリートマインドを持つエグゼクティブの方からも高い評価を得ている。2020年より北京オリンピック5000m/10000m代表の竹澤健介氏にコーチに就任してもらい市民ランナーとしてマラソン競技の記録更新に向け日々自身のトレーニングにも励んでいる。

市民ランナー高速化プロジェクト

rollingbase

当店では、ローリング療法をベースにラジオ波温熱器やパワープレートなど複数のコンディショニング法を組み合わせ、お客様ひとりひとりに最適なコンディション・サポートプログラムを提供しています。

詳しくはこちらから

rollingbaseのご予約はこちらから

Collaboration連携サービス

2015年よりrollingbaseは『「カラダ」を「リノーベーション」する。』をコンセプトに掲げ、様々な人との出会いの中でトップアスリートの身体が喜ぶ「モノ」や「サービス」とコラボレーションを行い、独自の発想で研究していくことで日々進化してまいりました。ひとりひとりの個性やニーズにあったサービスを複合的に組み合わせることでスペシャル・ワンのサービスを提供してまいります。

  • 飯塚翔太
  • MIZUNO TRACK CLUB
  • Radio Stim - ラジオ波温熱器
  • 市民ランナー高速化プロジェクト
  • Neo Healer - ネオヒーラー
  • POWER PLATE - パワープレート
  • O2 - 酸素カプセル
  • H2 - 水素ガス吸引器
  • MYIDENSI - マイデンシ
  • GIチョコレート