base media rollingbaseから情報をお届けbase mediarollingbaseから情報をお届け

済美山朝練軍団の集団走に参加!!!

2020.11.11

久しぶりにホームグランドである
済美山朝練軍団の集団走に参加してきました!

この日は人数たくさん♪

16000mをサブスリーペースである
キロ4’15秒を余裕を持って終えることができました〜。

久しぶりに長い距離をトラックで走り、
リズム感が戻ってきたように思います。

ある程度ロードを走る時間も増やしたいと
駒沢に遠征しておりましたが、
たまにはトラックぐるぐるも良いですね

 

 

それでは、今週の市民ランナー高速化プロジェクト行ってみましょう〜

 

 

さて、

ここから今週の寺尾さん

竹澤さんトレーニング37週目 10/26-11/1

10月26日 月 43minジョグ 9.1km  キロ4’49

10月27日 火 レスト

10月28日 水 43minジョグ 9.2km  キロ4’41

10月29日 木 1200m×3 r 4′  (84″  キロ3’30設定)
①83-84-85  4′ 12 av3’30
②83-86-85  4’14 av 3’31
③83-87-90   4’20   av 3’36

10月30日 金 63minジョグ 12.9km キロ4’55

10月31日 土 200m×2 + 6000m+2000m r1’ キロ4’設定
35-35
3’57-3’58-3’57-3’59-3’563’57-3’56

11月1日 日 駒沢10周 21.2km 1:36’23   キロ4’33

寺尾さんの感想

竹澤さんから走りのアドバイス修正をして1200m×3のインターバルに挑みましたが、
3本目の400m終了時点で打ち上がってしまい、またしても失敗してしまいました。。。
これができるかどうかで、次のポイントをもう一度1200mのインターバルを行うか厳しかった場合は
ペース走にするかということでしたので、ここは潔く厳しかったということでペース走変更しました。
土曜日に済美山トラックのメンバーに声をかけて一緒に走ってもらいました。
終始ペーサーをしていたので自分でペースコントロールしていましたが、
アンダーキロ4でポイントを終えてほっとしました。
このスピード域での走りはアドバイスの効果が最もありかなり楽に走れています。
翌日の距離走は駒沢でやりましたが、土日で詰め込んだ為、疲労もあったので無理はせず
10周の21キロで終了しました。

竹澤からの返信

寺尾さん
今週もお疲れ様でした。高強度のインターバル以外はいい感じで走れていそうですね。素晴らしいです。
最近は気候もだいぶ走りやすくなってきているのでペース走も気持ちよく走れますよね。
私もこのくらいの季節、気温が大好きでした。今週ですが、インターバルを少し変えたいと思います。

1200m×5 P=3’45”-40” R=60としたいと思います。
先週の1200mは苦しくて後半フォームも崩れていると想像しております、
そこで、ペースをぐっと落としてその分レストを短くしようと思います。
はじめは3’45”で走って頂き、ペースが楽なようでしたら少しタイムを上げるイメージで行ってみて下さい。
何度か高強度でのトレーニングを試みてみましたが、どうも厳しそうですね。
原点に立ち返り、フォーム重視でいきたいと思います。
次のP走も同じで、6000m+2000m P=4’00” R=1minでお願いします。

引き続き、仲間の力を借りながら無理なく楽しく頑張って下さいね。フォーム等何か気になることあればいつでも連絡下さい。

寺尾さんの返信

ご連絡ありがとうございます!少し高強度に怯えるくらいな感じになっていたので、
このペースだと良いリズムを取り戻せそうです。
ペースが速くなると、どうしても骨盤の移動よりも脚を前に出ししまうような気がします。
まずはこのリズムで消耗しないフォームを身につけたいと思います。
時々成長できたかトライしたいメニューです‼️

竹澤からの返信

怯えてたんですねw
すみません。それは失礼致しましたw
そうですね。たまにコソッと入れていきますね笑

寺尾 隆宏(てらお・たかひろ)

寺尾 隆宏(てらお・たかひろ)

株式会社rollingbase 代表取締役、蓑原ローリング療法協会 講師

1979年大阪府生まれ。幼少期よりサッカー始め高校時代にローリング療法に出会う。2008年よりマラソンを始め2011年の自身の怪我をきっかけにローリング療法の学び始め2015年にrollingbaseを創業。2018年よりリオ五輪4×100mリレー銀メダリスト飯塚翔太選手(ミズノ)の専属トレーナーとなり定期ケアだけでなく合宿や日本選手権や世界陸上など全ての試合などに帯同している。個人の特性に応じた施術がトップアスリートからだけでなくアスリートマインドを持つエグゼクティブの方からも高い評価を得ている。2020年より北京オリンピック5000m/10000m代表の竹澤健介氏にコーチに就任してもらい市民ランナーとしてマラソン競技の記録更新に向け日々自身のトレーニングにも励んでいる。

市民ランナー高速化プロジェクト

rollingbase

当店では、ローリング療法をベースにラジオ波温熱器やパワープレートなど複数のコンディショニング法を組み合わせ、お客様ひとりひとりに最適なコンディション・サポートプログラムを提供しています。

詳しくはこちらから

rollingbaseのご予約はこちらから

Collaboration連携サービス

2015年よりrollingbaseは『「カラダ」を「リノーベーション」する。』をコンセプトに掲げ、様々な人との出会いの中でトップアスリートの身体が喜ぶ「モノ」や「サービス」とコラボレーションを行い、独自の発想で研究していくことで日々進化してまいりました。ひとりひとりの個性やニーズにあったサービスを複合的に組み合わせることでスペシャル・ワンのサービスを提供してまいります。

  • 飯塚翔太
  • MIZUNO TRACK CLUB
  • Radio Stim - ラジオ波温熱器
  • 市民ランナー高速化プロジェクト
  • Neo Healer - ネオヒーラー
  • POWER PLATE - パワープレート
  • O2 - 酸素カプセル
  • H2 - 水素ガス吸引器
  • MYIDENSI - マイデンシ
  • GIチョコレート