base media rollingbaseから情報をお届けbase mediarollingbaseから情報をお届け

2021年初戦 静岡中部選手権に帯同してきました!

2021.04.13

飯塚翔太(ミズノ)選手の2021年シーズンがスタートいたしました!
初戦は地元である静岡中部陸上選手権に100mと200mの試合に帯同してきました。

前シーズンから試合前の鎖骨や首回りはネオヒーラーで施術。

今回は肩甲骨まわりも施術しました。
試合前だけど、リラックスしてパチリ。

4月10日(土)の200m 準決勝は20秒52 (+1.3m)

国内レース初戦の最高タイムを叩き出し、
5月3日の静岡国際で東京オリンピック参加標準記録の20秒24切りなるか!

https://www.youtube.com/watch?v=ylh9yGa8Y_o

翌日の100mでは追い風参考、10秒18 (+3.1)

https://www.youtube.com/watch?v=auD0m2j016I

土日で100mと200mの予選、準決勝を2本ずつ、
計4本無事故障なく帯同を終えてホッといたしました。

5月から6月末の大阪日本選手権まで怒涛の戦いが続きますが、
頑張っていきたいと思います。

頑張ったご褒美に静岡名物、「鰻』
今回は希少な共水うなぎをご馳走になりました!
肉厚で美味しかったです〜

 

 

 

それでは、飯塚選手から、
寺尾選手へバトンパス(笑)

今週の市民ランナー高速化プロジェクト、
竹澤健介コーチのコーナーです〜
寺尾選手は、、、、不調気味。。

 

 

さて、 ここからは今週の寺尾さんのコーナー

寺尾さんのメニュー(先週の続きです)

10000mBU走+400 設定4’10-3’50/全力 TTL16km

(4’11-4’11-4’08-4’03-4’03-4’00-4’01-3’58-3’56-3’51/70″)

寺尾さんの感想

本日は湿度が高く身体が非常に重く、体感的にきつい感じです。
動きを出すために走る前に200mを40秒で1本走り刺激を入れました。
2kmごとに5秒あげるイメージで走りましたが、キロ4’05と3’55秒の区間が上手くペースを変化できず、
ペースがなだらかに上がるイメージになりました。
本当は3’50の区間を2000mを走りたかったのですが、3’50はラスト1000mのみです。
レスト5分後の400mは、最初からある程度突っ込んで入るイメージで、
その後なんとか粘り35”-35”の70”でした。
スピードはある程度戻ってきている感じがあります。

竹澤からの返信

寺尾さん今日もお疲れ様でした。
気温や湿度の上昇を考えるとよく踏ん張れていると思います。素晴らしいです。
次のポイントですが設定を少し落としましょう。4000×2+400mをP=3’55” P=72”にしたいと思います。
これからのトラックシーズンはなるべくロングインターバルも入れていきたいところです。
このメニューが終わり、その状況を見てまた判断させて下さい。

寺尾さんからの返信

返信ありがとうございます!
今日の感じだとペースが3分50は少しきつく3‘53-55ぐらいが適正かなと実感していました。
インターバル感のレストはそれくらいでしょうか?

竹澤からの

R=3minくらいで行ってみて下さい。
リカバリーを長めに取っていただいてもいいので、
2本しっかりこなす意識で行って頂けたらと思います。
また終わったら連絡下さい ‍。

寺尾さんからの返信

3月31日 水 ウエイト+44minジョグ 8.8km キロ5’00

4月1日 木 レスト

4月2日 金 4000m×2 +400 r 3’/F 設定3’55/72
3’52-3’55-3’52-3’55-r 3′-3’55-3’56-3’56-3’55 r 10′- 75

寺尾さんの感想

4000m×2を実施しました。
引き続き何故だか体調が優れずの日々が続いていますが、
何とかポイント練習はやりきれました。もしかしたら上半身の軽いウエイトですが、
初めての試みなので、上半身が重くなることから、全身の倦怠感に繋がっているのかもしれません。
ただ上半身の強化は今の私には絶対に必要なことなので、継続していきます。

今回は設定が3’55だったのである程度余裕持ってできるかと思っていましたが、
2本目の1000mを超えたぐらいから心拍数が195ぐらいまで上がっていて、
余裕のなさがラップ3’56と1秒遅れてしまいました。

ラストもあげる気力は残っておらず、なんとか3’55で持ちこたえた感じです。
久しぶりにオールアウト的な感じになってしまい、
かなり汗もかいていたのでレスト10分で身体が冷えてしまい400mは75秒でした。

竹澤からの返信

寺尾さん毎度返信が遅くなりすみません。
メニュー実施の感想ありがとうございます。
上半身のトレーニングはこれまでも多少おこなって頂いていましたが、
肩甲骨周りを刺激するようなトレーニンはこれまでおこなってこなかったので、
その辺が少し影響が出ているのかもしれませんね。

長い目で見れば重要なことではあるのですが、
走るのがあまりに辛すぎるとそれはそれで本末転倒なので、
ストレッチポールなどを使って解してから走るようにして頂けますでしょうか。
心拍数から見ても確かにほぼオールアウトしていそうなので、
明日は少し落として日曜日にビルドアップジョグで様子を見ましょう。
来週は一発目に今日のメニューを4分ペースで行ってまた連絡下さい ‍。

寺尾さんからの返信

ご連絡ありがとうございます!
走る前のケアは骨盤を刺激したりストレッチポールなど念入りにしてみます!

竹澤からの返信

寝る前にもう少しやって睡眠中に上半身が固まってるかもですね。

寺尾さんからの返信

気温と気圧の変化に対応できていないので、体調管理に注意していきます。
練習メニュー了解致しました!

4月3日 土 ウエイト上半身+60minジョグ 11.5km キロ5’08

4月4日 日 駒沢8周 17.0kmBU走
        (キロ4’30-4’00)4’29-4’28-4’27-4’30-4’27-4’24-4’15-4’07(1周毎)

4月5日 月 ウエイト上半身+45minジョグ 8.9km キロ5’04

4月6日 火 4000m×2 +400 r 3’/F 設定4’00/72

4’00-4’00-3’59-3’59-r3′-3’58-4’00-4’01-3’58-r5′-75

4月7日 水 ウエイト上半身+48minジョグ キロ4’46

前回のポイント後の練習結果です。ウエイト上半身のトレーニングはジョグの日に実施しています。
日曜日の駒沢は12kmまでは4分半ペースで、そこから少しずつビルドアップしました。

火曜日の4000m×2はキロ4分なのと、気温も低かったので余裕かと思いきや、それなりに苦しくなりました。
キロ3’55だと前週と同じ感じでオールアウトしていたと思います。
これまでキロ4分で20kmなど走ってきましたが、
ここにきてなぜかベースの力が落ちている感じがします。
今週は木曜日にポイントをして、金、土、日が帯同ですので、
その期間はジョグで過ごし、東京に戻った月曜の朝に距離走を行う予定です。

竹澤からの返信

今週もお疲れ様でした。
上半身を鍛えて固まっている影響もあるとは思いますが、
それを踏まえても、確かに少しおかしいですね。

先程、お電話でお話した通り、シューズの影響もあると思うので、
これからはある程度シューズを固定して、
そのシューズを履き続けていく方向で考えた方がいいかもしれませんね。

私は現役時代は、ポイント練習と試合用シューズはいつも固定で、寺尾さんと同じミズノ製でした。
今は各社シューズの種類が増えて、練習によって使い分けられる時代になりました。
上手く器用に使い分けられる人はいいですが、器用ではないタイプだと、
シューズによって毎回感覚が変わってしまい、シューズによる接地の変化に対応出来ないことも出てくるかもしれませんね。

一先ず来週は200mなどで一度動きを取り戻しましょうか。
200m×20 P=43-45” R=200m 90secと4000m×2をP=4min R=2min、
週末は16kmB-upにしましょうか。4000mが終わってからまた連絡下さい。

200mで動きを整えても、体の不調が続くようだとまた解決策を考えます。
今週も頑張りましょう。よろしくお願いします ‍。

寺尾さんからの返信

了解いたしました!
本日のジョグから少し感触は良くなっているので、明日200mで刺激を入れます!
おはようございます!今朝、200mを43秒で20本やりました。
接地のタイミングが膝の使い方など
徐々に以前のフォームに戻ってきてしっかりリズムを取り戻しました。
ご心配お掛けして申し訳ございませんでした!

竹澤からの返信
おはようございます。それはよかったです ‍♂️次のポイントがどうなるかですね。
楽しみましょう。

※今週は寺尾さんの不調もあり、いつもより多めに連絡をさせて頂きました。
調子をコントロールするのは難しいですね。長いめでみて調子に左右されない自力をつけていきたいものですね。

寺尾 隆宏(てらお・たかひろ)

寺尾 隆宏(てらお・たかひろ)

株式会社rollingbase 代表取締役、蓑原ローリング療法協会 講師

1979年大阪府生まれ。幼少期よりサッカー始め高校時代にローリング療法に出会う。2008年よりマラソンを始め2011年の自身の怪我をきっかけにローリング療法の学び始め2015年にrollingbaseを創業。2018年よりリオ五輪4×100mリレー銀メダリスト飯塚翔太選手(ミズノ)の専属トレーナーとなり定期ケアだけでなく合宿や日本選手権や世界陸上など全ての試合などに帯同している。個人の特性に応じた施術がトップアスリートからだけでなくアスリートマインドを持つエグゼクティブの方からも高い評価を得ている。2020年より北京オリンピック5000m/10000m代表の竹澤健介氏にコーチに就任してもらい市民ランナーとしてマラソン競技の記録更新に向け日々自身のトレーニングにも励んでいる。

市民ランナー高速化プロジェクト

rollingbase

当店では、ローリング療法をベースにラジオ波温熱器やパワープレートなど複数のコンディショニング法を組み合わせ、お客様ひとりひとりに最適なコンディション・サポートプログラムを提供しています。

詳しくはこちらから

rollingbaseのご予約はこちらから

Collaboration連携サービス

2015年よりrollingbaseは『「カラダ」を「リノーベーション」する。』をコンセプトに掲げ、様々な人との出会いの中でトップアスリートの身体が喜ぶ「モノ」や「サービス」とコラボレーションを行い、独自の発想で研究していくことで日々進化してまいりました。ひとりひとりの個性やニーズにあったサービスを複合的に組み合わせることでスペシャル・ワンのサービスを提供してまいります。

  • 飯塚翔太
  • MIZUNO TRACK CLUB
  • Radio Stim - ラジオ波温熱器
  • 市民ランナー高速化プロジェクト
  • Neo Healer - ネオヒーラー
  • POWER PLATE - パワープレート
  • O2 - 酸素カプセル
  • H2 - 水素ガス吸引器
  • MYIDENSI - マイデンシ
  • GIチョコレート