base media rollingbaseから情報をお届けbase mediarollingbaseから情報をお届け

静岡国際陸上優勝しました!!!

2021.05.06

先週末はサトウ食品 日本グランプリシリーズ
第36回静岡国際陸上競技大会の帯同に行ってまいりました!

飯塚選手の地元静岡で思い入れのある大会なのですが、
怪我や虫垂炎、コロナなどで出場できず、4年ぶりの凱旋となりました!

 

そして、男子200m見事優勝!!
200m   20秒52 (-0.5)

寺尾動画はこちら↓

https://www.youtube.com/watch?v=TzScO2ZSLFU

向かい風の影響もあり、東京オリンピック参加標準切りはなりませんでしたが
世界ランキングは出場圏内に入ってまいりました!

 

今週末は新国立でREDY STEADY TOKYO。

こちらも優勝できるよう最終調整頑張ります!

それでは、帯同中もスロージョグを頑張りつつ。
こちらももう一人のオリンピアン竹澤健介コーチの市民ランナー高速化プロジェクト。
今週の寺尾さんコーナー行ってみましょう〜

 

 

 

さて、 ここからは今週の寺尾さんのコーナー

寺尾さんのメニュー(先週の続きです) 竹澤さんトレーニング62週目

4月19日 月 レスト 

4月20日 火  8000mペース走 設定キロ4’30-35 h 172 TTL13.5km

4’36-4’34-4’27-4’29-4’30-4’29-4’28-4’27

4月21日 水  84minジョグ 100×6 11.1km キロ7’37 h 157  夕方 ウエイト

4月22日 木  1200×5 r 1′ 設定(4’10-15) h178 TTL 14km

①101-101-99-99 ②98-101-99-102 ③97-101-99-99 ④99-100-99-100 ⑤97-100-99-98

4月23日 金  レスト   夕方 ウエイト

4月24日 土  ウエイト上 93minジョグ 200×3 12.0km キロ7’48 h152

4月25日 日  駒沢8周BU走 17km キロ4’50 h179

5’08-5’05-5’06-4’57-4’53-4’40-4’27-4’26

4月26日 月 60minジョグ 7.6km キロ7’50 h140

 

寺尾さんの感想

LT値の結果を受けて練習メニューの大幅な変更があったトレーニング1週目です。
ジョグはキロ6分-6分20秒だと心拍数が160-170まで簡単に到達してしまうので
心拍数を150近辺の負荷を目処に走っておりました。
40分を超えると更に簡単に上がり180にもなってしまいます。

その際はウォーキングに切り替えて再度走り出したりしながら調整しました。
1週間やってみて心拍数から算出する適正ジョグペースはキロ7分30秒ぐらいになります。

ポイント練習は8000mペース走と1200mのインターバルを実施していますが、
かなりペースが遅いので、余裕を持ってこなせますが、心拍数は170後半まで行っています。
ただ180を超えないとそれほど汗はかかないということがわかりました。
じわっと汗が出てくる感じなのは初めてなので、生理学的にはこのペースがやはり適正なのかもしれません。
ただ筋肉への刺激やリズムを忘れてしまいそうなので、
ポイント後にプラス400mや1000mなど入れたいなという気持ちがあります。

またこのジョグのペースだと、ウエイトもしっかり取り組めるのでパワーアップはしそうです。

竹澤からの返信
寺尾さん 今週もお疲れ様でした。測定後1週間目はいかがでしたでしょうか?
刺激的には正しい気はするけれどなんだか物足りない。そんなところでしょうか? 
寺尾さんの場合はかなり心拍が上がりやすい体質みたいですね。

ロト胸で骨が心臓を圧迫しているのもやはり影響がある気がします。とは言え、
今のところは7’30”/kmが適切ペースだと思うので、
ここから何週間かこのペースで走り続けて様子を観察してみましょう。
寺尾さんからの指摘もありましたが、これだと筋力が落ちそうというのはその通りだと思います。

このペースにハマってしまうとスピードが出せなくなってしまうと思うので、
ポイント後に400mや1000mなどを入れていきましょうか。

今週は10000mP走+400mをP=4’30-35 Pace.Rec=Freeと
1200m×5+400mをP=4’10-15” R=1min , Pace.Rec=Free
あと週末に16kmB-upをP=6’00-4’30”にしましょうか。

少しだけ変化を加えていますが大きくは変えていません。
これをあと数週間やっていって様子を見てみましょう。
汗のかき方にも変化があったようですね。
じんわり汗をかくというのは長い距離を走る上で重要だと思います。

今は完全に基礎を作り直していると思ってじっくり鍛え直す時期ですね
今週も頑張ってまいりましょう。

寺尾さんからの返信

返信ありがとうございます!
今は物足りないなぁとも感じてますが、疲労が適度で毎日が快適になりそうです(笑)
やはり日々疲れすぎていたのかもですね。

ガーミンの心拍だと練習にならない!と思ってましたが、
今回の測定を受けて本当に素直に受け入れてます。

去年竹澤さんにジョグ7分半で、このペースのポイント練習を指示されていたら、
間違いなく反発して不良おじさんになってたところです。。。

プラスの400と1000を楽しみにじっくり走る練習します!
こう考えると性格的にフルスロットルが、好きなんですね。。。。

 

竹澤からの返信 返信ありがとうございます。
寺尾さんマゾ過ぎたのかもしれません笑
これなら一回一回のポイントもゆとり持って楽にこなせると思います。
確実に一歩一歩の気持ちでやっていきたいですね。
もう少し自分を甘やかしてあげて下さい笑今週も頑張りましょう

寺尾 隆宏(てらお・たかひろ)

寺尾 隆宏(てらお・たかひろ)

株式会社rollingbase 代表取締役、蓑原ローリング療法協会 講師

1979年大阪府生まれ。幼少期よりサッカー始め高校時代にローリング療法に出会う。2008年よりマラソンを始め2011年の自身の怪我をきっかけにローリング療法の学び始め2015年にrollingbaseを創業。2018年よりリオ五輪4×100mリレー銀メダリスト飯塚翔太選手(ミズノ)の専属トレーナーとなり定期ケアだけでなく合宿や日本選手権や世界陸上など全ての試合などに帯同している。個人の特性に応じた施術がトップアスリートからだけでなくアスリートマインドを持つエグゼクティブの方からも高い評価を得ている。2020年より北京オリンピック5000m/10000m代表の竹澤健介氏にコーチに就任してもらい市民ランナーとしてマラソン競技の記録更新に向け日々自身のトレーニングにも励んでいる。

市民ランナー高速化プロジェクト

rollingbase

当店では、ローリング療法をベースにラジオ波温熱器やパワープレートなど複数のコンディショニング法を組み合わせ、お客様ひとりひとりに最適なコンディション・サポートプログラムを提供しています。

詳しくはこちらから

rollingbaseのご予約はこちらから

Collaboration連携サービス

2015年よりrollingbaseは『「カラダ」を「リノーベーション」する。』をコンセプトに掲げ、様々な人との出会いの中でトップアスリートの身体が喜ぶ「モノ」や「サービス」とコラボレーションを行い、独自の発想で研究していくことで日々進化してまいりました。ひとりひとりの個性やニーズにあったサービスを複合的に組み合わせることでスペシャル・ワンのサービスを提供してまいります。

  • 飯塚翔太
  • MIZUNO TRACK CLUB
  • Radio Stim - ラジオ波温熱器
  • 市民ランナー高速化プロジェクト
  • Neo Healer - ネオヒーラー
  • POWER PLATE - パワープレート
  • O2 - 酸素カプセル
  • H2 - 水素ガス吸引器
  • MYIDENSI - マイデンシ
  • GIチョコレート